NEWS802

超個人的に気になった話題

テディ・リネール(柔道)の金メダルは確実?筋肉や経歴がすごい!

   

柔道の100キロ超級にとんでもないバケモノがいるのを

ご存じですか?フランスのテディ・リネールという柔道家です。

今回のリオデジャネイロオリンピックでも金メダルは確実と言われています。

100キロ超級で、体重が140キロぐらいあるのにボディービルダーの

ような筋肉がついています。そんなテディ・リネール選手の経歴などを

調べてみました。

アドセンス記事した




スポンサーリンク






 

過去の大会での経歴

テディ・リネール選手はなんと身長204センチで、体重が141キロもあります。

あの琴欧洲よりデカイんです。しかも、筋肉の塊のような体をしています。

テディリネール_筋肉_画像01

出典MKALTY

こんなのに勝てる人なんているのでしょうか?

2008年の世界選手権で18歳5ヶ月で史上最年少優勝を記録しています。

この大会ではテディ・リネール選手の憧れ、井上康生選手を破っての優勝です。

この大会から去年まで世界選手権100キロ超級8連覇、2012年の

ロンドンオリンピックでは、金メダルと圧倒的な成績を収めています。

しかし2010年の世界選手権は100キロ超級と無差別級に出ましたが

無差別級では上川広喜に敗れているんですね。でもこの敗戦から、現在まで

95連勝中ということです。このまま行けばリオデジャネイロオリンピックで

100連勝を記録するんではないでしょうか。金メダルが確実と言われているので。

あの山下泰裕先生も

「もう敵なし。彼がどんな柔道をするのか、
彼に日本の重量級がどう挑んでいくのか。その辺は注目しています」

と言われているのでよっぽどのことがない限り金メダルは取ってしまうでしょう。

 

どんな戦い方?

204センチ、141キロもありながら、パワーはもちろんキレもあり、

隅返という技を得意としています。もちろん重量級の選手がよく使う

大外刈もつかいます。とにかくよくぶん投げています。

 

UFCからもオファー!

こんなにすごい柔道家を格闘技界がほっとくわけがないですよね。

2013年にUFCから1試合10億円のオファーがあったそうです。

10億円のファイトマネー、それだけの価値がある選手だということですね。

しかし、テディ・リネール選手はこのオファーを断ります。

理由は

「ケガもするし、子供にも良くないよ。」

だそうです。もしテディ・リネール選手が総合格闘技の

世界に行ったらどうなるか、予想してみました。

総合格闘技は打撃あり、投げあり、極めありなので、

柔道や、レスリングをバックボーンとしている選手が有利だし、

上背もあるし、パワーはもちろんスピードもあるので、

打撃の練習を数年すれば完璧な選手になると思います。

14歳の時に、刑務所に行くか、柔道を続けるか、って言うぐらいの

悪童だったので、こういう荒々しさもいいですね。

アドセンス記事した




スポンサーリンク






 

まとめ

今回のオリンピックでも金メダル確実と言われている

テディ・リネール選手。しかし、一発勝負の

トーナメントなので実際始まってみないと何が起こるか

わかりませんね。怪我するかもしれないですし、体調を

壊すかもしれないし、日本代表の原沢久喜選手にも当然

試合するからにはチャンスはあります。山下泰裕先生も

最重量級の優勝者が柔道で一番強いと言われているので、

100キロ超級はまさしく柔道最強を決める事になりますね。

その100キロ超級は8月12日からです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 - オリンピック