NEWS802

超個人的に気になった話題

伊藤みまの父親は誰?離婚の原因は母親の娘への英才教育?

      2016/08/07

リオデジャネイロオリンピック卓球日本代表の伊藤美誠(いとうみま)選手。

2015年には卓球のワールドツアーで2回優勝を飾り、リオデジャネイロオリンピック

アジア予選では、ロンドンオリンピック銀メダルの世界ランキング2位の丁寧を

破るなど、リオデジャネイロオリンピックでは、金メダルを期待されてます。

ここまで強くなったのは、母親の美乃りさんの英才教育があったからと言われてます。

伊藤美誠選手の両親はすでに離婚されていて、美乃りさんが女手一つでオリンピック選手に

育て上げったてすごいですね。では離婚の原因は何だったんでしょうか?噂されている

父親についても調べてみました。

ito-mima

出典http://neta7.com/4059.html

アドセンス記事した




スポンサーリンク





伊藤美誠選手の母親、美乃りさんの英才教育がすごい。

ito-minori

出典http://neta7.com/4059.html

伊藤美誠選手の母親の美乃りさんの卓球をされてました。高校時代は

インターハイ、大学時代はインカレ、卒業後は実業団でプレーと卓球の

エリートですね。そんな美乃りさんはお腹の中に伊藤美誠選手を宿した時から

英才教育がスタートします。卓球の試合を見ながら、お腹の中の伊藤美誠選手に

試合を解説していきます。胎教ってやつですかね?生まれてからは卓球のラケットを

触らしていたそうです。

伊藤美誠選手が2歳の時に、両親が卓球をする姿を見て、卓球をしたいと言ったそうです。

そこから卓球の練習が始まり、4歳の時には、一日7時間にも及ぶ練習をしていたそうです。

夜中の2時まで練習していたそうです。

美乃りさんは、伊藤美誠選手を世界一にしたかったので、技術だけでなく、伊藤美誠選手に

面白いことをしていました。卓球の世界一といえば「中国」。中国に追いついくではなく、

中国に勝って当然みたいなことを、眠りの浅くなった伊藤美誠選手の耳元に囁いていたみたいです、

寝ている時までトレーニングってすごいですね。とにかく、寝ても覚めても卓球っていう環境

だったみたいですね。当然、練習中は美乃りさんの厳しい指導があって、当時のことを

伊藤美誠選手は美乃りさんのことを

「母でなくて鬼だった」

と当時のことを思い出していました。

 

父親は誰?離婚の原因は?

伊藤美誠選手の特集の番組は結構ありましたが、父親が全く出て来なかったですね。

娘が卓球に専念できるように、美乃りさんの実家がある静岡県磐田市に家を建てたそうです。

一階のリビングで卓球ができるようにと。しかし4,5年前に離婚し父親は家を

出て行ったそうです。その後も父親は家のローンを払っていたそうですが、2013年頃

自己破産したそうです。

離婚の原因は美乃りさんが娘に入れ込み過ぎたんじゃないかと思います。さすがに

一日7時間も家で娘につきっきりで卓球の練習をしていると、夫婦仲も冷めるのではないですかね。

でもそれぐらいの練習をしないと、14や15歳で世界のトップクラスに入れないでしょう。

ネット上の噂では父親は、実業団のシチズン卓球部の監督の伊藤誠さんではないかと言われています。

しかし、実業団の監督を務めるほどの人が自己破産するかなって思うんですけど。

実業団の監督がいくら貰っているかはわかりませんが、一応シチズンの会社員と思うので、

家のローンを払えなくて自己破産ってあまり考えられないですね。伊藤誠が父親でない

可能性のほうが高いと思います。

アドセンス記事した




スポンサーリンク





まとめ

やはり15歳でオリンピックに出るのは、並大抵の努力ではないですね。

美乃りさんもスタッフの一員としてリオデジャネイロオリンピックに行かれるので

伊藤美誠選手にとって心強いんではないでしょうか。

ぜひ、中国を倒して、日本卓球界初のオリンピック金メダルを

獲得して欲しいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 - オリンピック