NEWS802

超個人的に気になった話題

健康とは何か?ちょっとした事で健康になれるのか?

   

stretching-498256_960_720

健康とは、「病気になっておらず、元気な(正常)な状態」と、ありました。

若い時はほとんどの人が健康について考えた事は少ないと思います。

私もそうでした。暴飲暴食、睡眠不足、不規則な生活、なんてあたりまえ。

しかし、若い時っていうのはこのような生活でもたいして病気にもならず、

健康の事なんて考えた事もなかったですよね?

しかし30代、40代になるとそういうわけにはいかないですよね?

ストレスや抵抗力が落ちて病気にかかりやすくなったり、筋力が落ちたりと

若い頃と同じような生活をしていると大変な事になりますよね。

そこで健康でいれるための方法を紹介したいと思います。

これは自分の経験や実践していることなので参考までに。

アドセンス記事した




スポンサーリンク





食事

当たり前の事ですが、よく噛む。

食後すぐににフルーツを食べない。普通、食事をすると2、3時間かけて

消化していきます。しかし、フルーツは酵素が多いのでだいたいの物が

20〜30分ぐらい消化が早いです。

食後すぐにフルーツをたべるとなかなか消化できず胃の中で発酵していまい

悪玉菌を増やしてしまいます。なので間食としてたべるのがいいでしょう。

 

朝一の青汁

朝、起きた時の胃が一日で一番栄養を効率よく吸収できるので、

毎朝青汁を飲んでいます。便秘がちの人は朝一の青汁で便秘が

かなり改善されると思います。もしくは白湯。冷水はダメ。

 

予防

風邪とかウイルスは鼻や喉から体内に入ってくるので、予防として

マヌカハニーを舐める。マヌカハニーとは、ニュージーランドの

マオリ族の間で、聖なる木と言われるマヌカの木からとれた蜂蜜です。

マヌカハニーは高い殺菌作用があり、栄養価も高く健康食品として人気があります。

海外からの輸入なので値段はそれなりにしますが、のどの殺菌や

副鼻腔炎の予防や傷や火傷にも効果があります。味の方は

コクがあってかなりおいしいです。が、好き嫌いは結構あると思います。

 

ストレス

仕事をしている限り何かしらのストレスがあると思います。

仕事や人間関係のストレスをそこで解決するのは、出来ない事もないですが、

なかなか難しいですよね。そうなるとストレスを発散させる場が必要ですね。

となるとやはり趣味に没頭するや運動するなどがいいでしょう。

自分がやっているというのもあって「空手」をお勧めします。

空手と言えば怖そうや、痛そうなどのイメージがありますが全然そんな事は

ないです。最近はどこの流派も青少年の健全な育成を掲げており、昔のような

怖いイメージはありません。試合などに出るような人はほんのごく一部で、

ほとんどの大人は子供が小学生、中学生ぐらいになり育児に一段落ついた

お父さんが空手を始める事が多いです。自分の通ってる道場も20代が1人ぐらい

30代が2人ぐらい、あとはほとんどが40代50代ですね。練習も楽では

ないので遊びたい盛りの20代は入門してもすぐやめますね。

空手はスポーツではないので年齢に関係なく生涯を通してできるので

週に2回でも、全てを忘れて汗をかくのもいいでしょう。

アドセンス記事した




スポンサーリンク





運動しないとどうなるか?

30代ぐらいから運動を全然してないと、筋肉の中に脂肪がついてしまいます。

あのおいしいサシの入った肉のようになっていくそうです。しかもそも脂肪は

取れないらしいです。まだ解明されてないようです。そして体を使わないと

筋肉が固くなり、可動範囲が少なくなりケガもしやすくなりますので

運動を継続してやるというのが重要でしょう。

 

まとめ

当たり前の事ですが、病気になって治すより、病気にならないように

予防するのが1番だと思います。

サプリメントなど予防のためにお金を使って健康に過ごすか、

病気になって、しんどいおもいをして、病院にお金を払うか、

どちらを選びますか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 - 未分類