NEWS802

超個人的に気になった話題

元メジャーリーガーの城島健司の現在は釣り人?野球界の復帰は?

      2016/05/03

日本球界やメジャーリーグで活躍した、元プロ野球選手城島健司さん。

images (1)

 

出典photos.nikkansports.com

2012年に引退し、現在は釣り関連やゴルフの番組を中心に九州のほうで

タレント活動もされてます。でもタレント活動より「釣り」がメインのようです。

そんな「釣り人」城島健司さんの現在をしらべてみました。

アドセンス記事した




スポンサーリンク





城島健司さんのプロフィール

長崎県佐世保市出身の39歳。

1994年のドラフト会議でダイエーから1位指名で入団。

高卒キャチャーでドラフト1位とかなり話題になりました。

しかし、守備のほうはイマイチで、1年目から、一塁手にコンバートという話もありました。

しかし、バッティングのほうはピカイチで、2年目のウエスタンリーグ(2軍の試合)

では、新記録ともなるホームラン25本の放ちました。

1年目、2年目は1軍でも試合に出ましたが、ほとんどが2軍で過ごしてました。

3年目からは、スタメン定着、その後の活躍はみなさんご存知だと思います。

福岡ダイエーホークス(途中からソフトバンク)に1995年から2005年、

2006年からメジャーリーグのシアトルマリナーズに移籍、

2010年には阪神タイガースに移籍、2012年に引退しました。

生涯年俸は56億円とも言われています。

現役時代は守備がイマイチだったので野村克也さん、森祇晶さん、達川光男さん

たちから、「キャチャーに向いていない」とさんざんこき下ろされてました。

そうゆう事があってか、ソフトバンクから現場復帰の話があるのに断り続けています。

もう野球界に未練もないのでしょう。本人も、

野球の取材は受けないが、釣りの取材は受ける」との事です。

 

城島健司さんの現在は?

現役時代の時から、大の釣り好きで、シーズンオフはもちろん、シーズン中も

隙を見ては、釣りに出かけてたそうです。もちろん地元佐世保の海。

城島健司さんの1日密着の番組があり、現在の生活の様子がわかりました。

4時30分起床 家族で1番早い。

5時00分 釣りへ出発。愛車の中は釣り具だらけ。

5時30分 海に到着 周りの顔見知りに挨拶。

6時00分 朝食。自作のおにぎり3個。

12時00分 海から帰宅。ボウズで帰る事は少ない。

13時00分 昼寝。クラシックを聴きながら。

15時00分 庭でゴルフの練習。

18時30分 夕食。釣った魚をつまみに晩酌。

21時00分 就寝。翌日の釣りの用意をしてから寝る。

という生活でした。うらやましい限りですね。

もう仕事しなくても悠々自適に暮らしていけるのですね。

やはりこれも釣りという趣味があってだからこそだと思います。

現役時代から「同じ給料が貰えるなら、釣りがいい」と言うぐらいなので、

こういう生活を目指して野球をされてたんでしょうね。

アドセンス記事した




スポンサーリンク





現役時代との見た目のギャップがすごい

現役時代は角刈りのような髪型で、顔はいつも怒ってるというか、ピリピリしてる

感じでした。引退会見がこんな感じ。

054

出典mainichi.jp

白髪まじりで、老けた感じがしますが、

数年後、自由気ままに趣味に生きていたら、

 

images

出典twitter.com

こんなんや、

sICIYIZ

出典0p0td.blog.fc2.com

2015-0712-11

出典matome.naver.jp

こんな感じになってしまいました。まるで別人、若くなったような気がしませんか?

 

まとめ

やはり趣味に生きるって言うのはいいですね。

しかし、現役時代は大変なおもいをされたと思います。ケガもし、

引退の時は体がボロボロだったとおもいます。

プロに入ってからの努力があってこその今の生活なので、

本当に楽しそうですね。いままでのプロ野球を引退された方と

ひと味違いますね。もう球界に復帰はないでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 - スポーツ, 芸能