NEWS802

超個人的に気になった話題

大文字(五山の送り火)2016の時間やよく見える場所と穴場スポットまとめ!

   

8月16日といえば京都ではお盆の伝統行事、「五山の送り火」が有名ですね。

10万人ほどの観光客がこの送り火を見に京都に来られるそうです。

東から反時計回りに、大(大文字)、妙、法、舟型、左大文字、鳥居形

順番に点火していきます。

お盆に迎えたお精霊(しょらい)さんという死者の霊を、ふたたびあの世へ送り返す

送り火の行事です。

大、妙、法、船、左大文字、鳥居、この字を見てちょっと疑問に思はないですか?

妙法と鳥居。仏教と神道なのに、この日は仲良く船に乗って帰って行ってください、

って言う意味もあるそうです。

自分が子供もころは、八条に住んでいて、送り火の日は住んでいるマンションの

屋上から見ていたものです。その頃は、大して高い建物もなく、7階建てのマンションの

屋上から全部見えていた記憶があります。今は至る所に高いビルが立っており、

見づらくなったものですね。

この壮大な行事の開始時間や、よく見える場所や、穴場スポットをまとめてみました。

アドセンス記事した




スポンサーリンク





送り火の点火時間

午後8:00 大文字(東山如意ヶ嶽)

午後8:05 妙(松ヶ崎西山)・法(松ヶ崎東山)

午後8:10 舟形(西賀茂船山)

午後8:15 左大文字(金閣寺大北山)

午後8:20 鳥居形(嵯峨曼茶羅山)

8時から東の大文字から順に反時計回りで5分おきに

点火していきます。

map_base

大文字がよく見える場所

photo_d_01

 

おすすめは、「京都御所」。ここはよく見えますし、

京都御所自体広大で混雑しないのでゆっくりと見れます。

大文字は標高が高く、離れたところからでも、よく見えます。

今出川から丸太町の鴨川の左岸あたりでも見えます。

 

 

出町柳駅近く鴨川デルタは定番スポットですが

かなりの混雑が予想されます。

 

 

妙法がよく見える場所

photo_m_01

妙法は五山の中でも、一番標高が低く、近くまで行けば

かなりの迫力があります。定番のスポットは、

ノートルダム女子大学。地下鉄松ケ崎駅で下車、

西へ、信号2つ目でノートルダム女子大学です。

 

舟形のおすすめスポットは?

photo_f_01

舟形のおすすめスポットは京都ゴルフ倶楽部

この日はゴルフコースを夜間開放するので、間近で迫力ある

舟形が見れます。

 

左大文字のよく見える場所は?

photo_hd_01

西大路通沿いなら五条あたりから見えます。さらに西大路通沿いを

北上していくといいでしょう。

 

鳥居形のおすすめスポット

photo_t_01

人気のスポットといえば嵐山の渡月橋。観光地で灯籠流しもするので、

かなりの人が訪れます。

もう一つは広沢池。ここでも灯籠流しをしており、鳥居形と

灯籠流しのが同時に見れます。

 

五山の送り火すべて見える場所は?

船岡山公園が五山の送り火の鳥居形以外は全部見れます。

ただ人気のスポットなので結構混雑する上に場所取りも

されているので、もし行くなら、早めに行くのが

おすすめです。虫除けスプレーは必ず持って行きましょう。

アドセンス記事した




スポンサーリンク





まとめ

一つの送り火を見るか、遠目からいくつも見るか悩むとこですね。

交通の便を考えると、大文字の京都御所や、地下鉄松ケ崎駅から行ける妙法、

鳥居形が見れる嵐山の渡月橋がおすすめですね。

混雑はしますがお祭りではないので、それほどでもないと思います。

送り火の時には街の明かりは暗くなっていくので、京都の街は

不思議な雰囲気ななります。16日の天気は雨みたいですが、

良くなるといいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 - 京都