NEWS802

超個人的に気になった話題

浅野温子の息子はNHK「ニュースシブ5時」のリポーターの魚住優!

      2016/04/24

80年、90年代を代表する女優浅野温子さん。

101k_00

出典laughy.jp

1986年には「あぶない刑事」に出演。コミカルな役で面白かったですね。

1988年には浅野ゆう子さんとのW主演で「抱きしめたい」は

後のトレンディードラマのブームを巻き起こした作品です。

浅野温子さんと浅野ゆう子さんは「W浅野」と呼ばれ、

130321-i049_01

バブル絶頂期の時代に、当時の若い女性の憧れになってました。

この時、すでに結婚されてて、子供もいらしたんですね。

一児の母になんて全然見えなかったです。

その息子さんはNHKアナウンサーをしている魚住優さんです。

アドセンス記事した




スポンサーリンク





 

浅野温子の旦那さんは?

浅野温子さんは1983年にコピーライターで作詞家の魚住勉さんと

41c2815fa4709dc7eabf46e293486917

結婚されてます。浅野温子さん、22歳の時でした。

魚住勉さんは当時36歳。14歳差の歳の差婚だったんですね。

魚住勉さんはコピーライターとして、伊勢丹、丸井、小学館、

パルコ、サントリー、キリンビールなどのCMやポスターなどの

キャッチコピーを担当されてました。

また作詞家としても、「男と女のラブゲーム」や「アンパンマンたいそう」、

武田鉄矢さん、上田正樹さん、酒井法子さん、松崎しげるさんらの

曲にも歌詞を提供したりもしています。

 

息子の魚住優 

浅野温子さんと魚住勉さんの息子は、1984年に生まれた

魚住優さん。

default_dcfb09a2b4617c08b4a8cd913ad66869

「あぶない刑事」をされてた時は、2歳、

「抱きしめたい」で一世を風靡した時は4歳、

武田鉄矢さんとW主役の「101回目のプロポーズ」の時は、

7歳でした。「101回目のプロポーズ」はリアルタイムで見ていましたが、

浅野温子さんに子供がいるなんて、これっぽちも思っていなかったです。

当時はインターネットもなく、子供だったので週刊誌を買う訳でもなく、

なんの情報もなく見ていたので役柄のままの人だと思っていたとおもいます。

魚住優は慶応義塾大学卒業後は日刊スポーツ新聞に入社されます。

2008年にはNHKに入局されます。

2009年から2012年まで岡山局、

2012年から2014年まで盛岡局にアナウンサーとして

務めてられました。

2016年4月4日からは、「ニュースシブ5時」のリポーター

として活躍されてます。

ネットの声では、

「さわやか」

「ひとが良さそう」

「控えめな感じがいい」など

好感度はいいです。実際に番組を見てみると、

背が高いので(184センチ)腰を曲げながらとても優しい口調で

喋ってる姿が印象的でした。

親が芸能人でありながら、偉ぶることもなく

自分の力でがんばっているということがひしひしと感じられました。

アドセンス記事した




スポンサーリンク





余談

実は、「101回目のプロポーズ」に今は、Vシネマの帝王と

いわれる竹内力さんが出演されてました。役柄はオーケストラの

バイオリニストで、薫役の浅野温子さんプロポーズして、断られる役でした。

達郎役の武田鉄矢さんのライバル的存在でした。

当時、このドラマの竹内力さんを見たとき、「この人なんか違う」

と思っていたら、2年後ぐらいに、「ミナミの帝王」の萬田銀次郎

を見て、納得しました。

mig

 

まとめ

映像を見る限りとても控えめで好感の持てる方でした。

二世タレントという感じはまったくなく、このまま

自分の力で上り詰めてもらいたいです。

これからもますます活躍を期待したいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 - 芸能