NEWS802

超個人的に気になった話題

[父の日]お父さんがもらって嬉しいビアカップ、ビアグラス、5選!

   

6月19日(日)は父の日

お父さんにプレゼントするのはなんか恥ずかしいですが、

日頃、家族のために一生懸命に働いてるお父さんに

感謝の気持ちを込めて、ビアグラスでもどうですか?

いつまでたっても家族からもらうプレゼントは特別に

嬉しいものですよね。

そこでビール好きのお父さんがもらって嬉しい

ビアカップ、ビアグラス、タンブラー

5種類選んでみました。

アドセンス記事した




スポンサーリンク





暑い夏には最高!ステンレス製タンブラー

10691876_291010857754228_510163861_n

「THERMOS(サーモス)のステンレス真空断熱タンブラー」

とにかく保冷性がバツグン! どれぐらいかというとこのタンブラーに

夜、氷だけお入れておくと、次の日の朝、氷がまだ残っています。

ビールだと一時間後でも9度以下をキープ。しかもきめ細かい泡が

立つように内面が特殊加工されてます。きめ細かい泡は

いつまでも表面に残り、ビールの酸化を防ぎ、

最後まで美味しく飲めます。

価格は3、000円前後。

 

缶ビールをより美味しく飲めるのは?

01

「能作(のうさく) 100%錫 ビアタンブラー」

錫(すず)には昔から水を浄化すると言われております。

そしてイオン効果が非常に高く、水やお酒の味わいを

柔らかくまろやかにし、より美味しくいただけます。

錫は金、銀に次ぐ高価な金属で、人体に無害で金属臭もしません。

「能作」は、富山県の高岡市の伝統技術「高岡銅器」を継承する

日本を代表する鋳造工房の一つで、ヨーロッパでも人気があり

イタリアのミラノにも直営店があるほどです。

おすすめはビアカップLサイズで350mlの缶ビールが

丁度入ります。

価格は7、700円、桐箱入り9、000円

 

やっぱり視覚も楽しみたい!

img_usuhari_19

「松徳硝子 うすはりビールグラス (ピルスナー)」

名前の通り、うす~いガラスで作られたビアグラス。

その厚さなんと0.9mm。ひとつずつ松徳硝子の職人に

よって作られており、ビアグラスの底の厚さは、

世界で松徳硝子の職人にしかできないと言われるほど薄く

仕上がってます。

ビールをついだ時、きめ細かい泡が立ち、

口当たりが他のビアグラスと違い、この繊細な作りが味を引き出し、

贅沢な気分を作り出してくれます。

価格は2、000円より、ギフト用の木箱もあり。

アドセンス記事した




スポンサーリンク





味わいのある陶器

ipbnr_n705_01

「九谷焼 ビアカップ」

陶器のビアグラスの特徴としては、ビアグラスの内面が

粗く作られており、小さな泡が泡が立ちやすく、

ビールの劣化を防ぎます。口触りや持った感触が

とても優しく、風情があります。

価格は4、000円ぐらいから10,000円以上もあります。

 

最新の技術でできたチタン製ビアカップ

127

is

「真空チタン ビアカップ」

真空二重構造により通常のガラスタンブラーに比べ

6倍の保冷性があります。ステンレス製とそれほど

大差はないと思いますが、デザインが圧倒的に良いです。

独特の凸凹感やチタンの特徴とも言える虹色発光、

軽くて丈夫です。結露が出ないので、デスクワークにも

最適です。

価格は6、000円ぐらいからありますが、

大体は20,000円前後。

 

まとめ

いかかでしたか?いろんな素材を調べてみましたが、

どのビアグラスも美味しく飲める工夫がありましたね。

値段も手頃な価格から高いものまでいろいろ。

店によっては名前を彫ってくれるところもありました。

楽天のランキングでは価格、性能でステンレス製の

タンブラーに人気がありましたが、個人的には

錫のビアカップが気になりました。

でもお父さんはどんなビアカップを貰っても

嬉しいもんだと思います。

でも結局は気持ちだと思います。

自分も今までで一番もらって嬉しかったのは、子供が小さい時に

書いてくれた絵ですね。今でも大事にしてます。

子供からもらったものはいつまでも心に残りますね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 - 父の日