NEWS802

超個人的に気になった話題

野村周平は中国人とのクォーター?スノーボードはプロ級?

      2016/04/24

2015年にはドラマ「恋仲」で注目され、

2016年は4本の映画にも出演します。そのうちの2本は主役という、

今年、大ブレイクしそうな予感の野村周平さん。

ネットでは中国人とのクォーターで、スノーボードもすごいとあったので

どれほどのものか調べてみました。

アドセンス記事した




スポンサーリンク





 

野村周平のおじいちゃんが中国人?

野村周平さんは1993年生まれの22歳。

兵庫県神戸市出身。

photo_01

出典artist.amuse.co.jp

実家がお好み焼き中華料理店をやっているとのことです。

野村周平さんのおじいちゃんが中華料理店を経営しているそうです。

そのおじいちゃんが中国人みたいですね。なので日本人と中国人の

クォーターになりますね。

神戸で中国人と言えば、阪神元町駅から数分のところに

「南京町」という中華街があります。横浜の中華街みたいなところです。

店の名前は「東光」という噂があったので調べてみると、

nomurashuhei-toukou

南京町の中に1件あります。兵庫県内でもここしかなかったです。

神戸南京町と横浜中華街は中華料理店や中国の雑貨屋や、食材店、

町の入り口には大きな門があったりと、似ていますが、

肉まんの大きさが全然違います。横浜はメロンパンみたいな

大きな肉まんに対し、南京町の肉まんは小さめのみかんぐらいの

大きさです。野村周平さんの上京してから、中華街の肉まんを見て

びっくりされたと思います。

中学は神戸中華同文学校に通われてました。やはり中国人の

血を引いてるということでこの学校に通われてたと思われます。

同文学校は小1から中3まで中国語を教え、社会英語算数図工など日本語科の授業以外全て中国語で行う。小学部で使用されている教科書などは、全て中国語で明記されている独自のものを採用している。高校受験を控えている中学部は、日本が発行している教科書を採用し、テストなども日本語で行っているが、授業は中国語で行われている。また、中国語以外にも中国の文化歴史地理なども教えているため、他の公立学校よりも総合的に勉強時間が多く、土曜日も授業が行われている。

出典ja.wikipedia.org/wiki/神戸中華同文学校

野村周平さんは中国語がペラペラだった理由がここにありました。

この学校の3年間で中国語をマスターしたんですかね。

アドセンス記事した




スポンサーリンク






 

スノーボードの腕前はプロ級?

12歳のときにはスノーボードの大会で入賞していました。

野村周平さんの師匠と言われてれるのが、プロスノーボーダーの

岡本圭司さん。スロープスタイルの選手で日本人では

トップクラスの選手でした。

岡本圭司

1697fe2f5f9529e8eb0e965bab584943

スロープスタイルとは、コース上にレールやジャンプ台を

攻略しながら、技の完成度などを採点する競技です。

2014年の冬季そとオリンピックで採用された競技です。

多分、野村周平さんもこの競技もしくはワンメイクの大会に

参加されてたと思います。

岡本圭司さんは2015年の2月にスノーボードの撮影中に

転落事故を起こし、腰椎を数十カ所骨折し、下半身不随となりました。

事故から数日後、一生足は動かないと思っていた岡本さん。

懸命のリハビリで8ヶ月後には杖が必要ですが自力で歩いて退院。

そんな師匠のもとに野村周平さん見舞いにも駆けつけてました。

 

 

まとめ

中国語がペラペラでスノーボードもプロ級。

今までにいないタイプの俳優さんですね。

22歳と若いのでこれからもどんどん活躍されると思います。

スノーボードをやってる映像も見てみたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 - 芸能